こんなに大変だった離乳食づくり

離乳食って、すごく手間がかかりとても大変です。
みんな一生懸命つくってると思うと、私も頑張らないと思いつくってると思います。

 

あまり大変だよって声は聞きません。
みんな簡単につくる方法を知っているのかな?と思うことも。

 

しかし、赤ちゃんの食事を、液体食から固形食に変えていくための大切な離乳食は、作って食べさせるまでが大変すぎるんです。

 

 

離乳食は、つくるのに手間がかかりすぎます。
そのわりに、食べなかったりします。

 

トマトとかは、本当にやばいですよね。
ミニトマトが便利って聞いたけど、種と皮を取ったらほとんどなにも残らないし。
裏ごしも大変ですしね。

 

そして子どもの気分で、拒否されたりしちゃうし。
バーン!ってこぼされたりもします。

 

「離乳食期」のパパさんママさんは、ほんとうに大変です。
みなさん、本当にいろいろと工夫して離乳食期を乗り越えているんですよね。

毎日のメニューを考えるのも大変

手間のかかる離乳食を作るだけでも大変なのに!
毎日のメニューも考え、調理の手間も変わってくるので、本当に大変です。

 

そんな時に知ってほしいのが、市販の離乳食です。

 

市販の離乳食は、安全基準が相当厳しいので、幼児に与えてはいけない食材の使用はないからです。
赤ちゃんの成長には、9つの栄養素が必要なので、メニューを考えるだけでも手間がかかりますからね。
大変な裏ごし、細かく刻むこともなくなり、大幅に時短になります。

 

市販の離乳食は、いろんな点でママさんの味方になります。
しかも、美味しいので子供が喜んで食べてくれますよ。

 

 

離乳食作りは、ベビーフードを買うことで負担を減らせます。
しかし、夜泣きやワンオペの負担は簡単に減らすことができませんので、すこしでも楽できるところは取り入れるほうが精神的にも楽になります。

 

Mi+

 

カインデスト ベビーフード(旧ミタス) 公式サイト

 

日本の四季に合わせた旬の野菜が届きます。
子供に美味しくて安全な離乳食を食べさせることができますね。